FIFAクラブワールドカップ決勝

インテルナシオナルVSバルセロナという期待通りの決勝でしたね。

バルセロナは難しいコンディションだったとは思いますが、それ以上にインテルナシオナルの戦術が素晴らしかった気がします。

マンマークでロナウジーニョの特徴を消し、カウンターを意識してしっかりとした技術で組織的に攻めて行く…バルセロナを相手にとても有効な戦術だったと思います。

今日の試合で特に印象に残った選手は、インテルナシオナルの10番イアルレイ選手ですね。 スピードも有り、テクニックにも優れている良い選手だと思いました。

そんな中、この世界最高クラスのチームの質の高さを一番感じたのはやはり得点の場面ですね。

インテルナシオナルがこぼれ球を拾い、素早いカウンター攻撃で数的優位な場面を作り出しての得点ですが、あの何気ない一瞬にレベルの高さを感じました。

まずはパスの出し手ですが、相手DFに考える余裕を与えないように素早くドリブルで仕掛け、2列目からトップスピードでオーバーラップしてきた選手の足元に正確なパスを出す。 言葉で表すと簡単ですが、動いている選手の足元に正確で、そして強いパス(これが非常に重要!)を出すのはとても難しい事なんです。

そして、パスを受けてゴールを決めた選手ですが、トップスピードで走りながらも、足元に来た強いパスを正確にコントロールしてきっちりとゴールを決める。

時間にすると一瞬ですが、一つ一つのプレーにレベルの高さを感じました。

どちらのチームを応援しているかは別としても、良いプレーが繋がってのゴールというのは本当に芸術的ですね。

両チーム共に質の高い良い試合を観ることが出来ました。
まぁ欲を言えば、ベストコンディション、ベストメンバーのバルセロナを見たかったですけどね。。。

次回は浦和レッズ皆さんに是非この舞台で戦ってもらいたいです!